山羊乳ヨーグルト

d0094101_16241464.jpg
3階住人さんから頂いた、山羊乳ヨーグルトです。
ちょっとツルンとさっぱりしていて、
杏仁豆腐のような舌触りがある気がします。
とっても美味です。
ベトナムではおそらく、気候が暑いので、
ホルスタインがあまりよく育たないのだと思います。
その代わりに、山羊乳がポピュラーなのでしょう。
# by ma-yu-u | 2007-04-15 16:27

ハロン湾

先週来た知り合いと、初めてハロン湾に行きました。

ハロン湾は、ハノイから車で3、4時間のところにあって
世界遺産に登録されています。
大小2000もの島があるということです。

何十艘もの船が、船着き場でひしめいています。
d0094101_11282456.jpg

船に乗り込むと、ちょうど昼食の時間で、
船の中に豪華な海鮮料理が並びました。

採りたての茹でた海老
d0094101_11402194.jpg

茹でたシャコ
d0094101_1141222.jpg
カニの甲羅の中にほぐした身を入れて焼いたもの
d0094101_11421766.jpg

なんと言っても、一人80ドルの豪華ツアーなので
とても良い料理が並びました。
じつは、先々週に、女の子3人組の友達が来て。
よくわからずに一人25ドルのツアーを勧めてしまって。
彼女たちは、船の上で野菜炒めとご飯だけしかでなかった
ということでした。
Aちゃんたち、ごめんなさい。。。

水上生活者の家の前を横切りました。
d0094101_11482032.jpg

何十艘もの船が、同じように昼食時に出港しているところ。
d0094101_11505195.jpg
そして、食事が終わったころ、
ティエンクン洞という鍾乳洞の入り口に到着しました。
d0094101_11524823.jpg
洞窟の中
d0094101_11533499.jpg
ベトナムでは、たくさん大理石が採れて、水も硬水です。
なので鍾乳洞がたくさんあるのでしょう。
食事もとてもおいしかったし、私の大好きな洞窟も見られて、
存分に満喫しました。
# by ma-yu-u | 2007-04-12 11:57

バッチャン村

久々にブログを書きます。

先週は、日本から別々の3組の知り合いが来たり、
そこに今度のハノイのグループ展を一緒にやるタイ人の方が来たり。
相当バタバタでした。

今日は、日本から来た知り合いと行った
バッチャン村の様子を載せます。

ハノイから、車で30分ぐらいのところに
陶磁器を生産しているバッチャンという村があります。
バッチャンの陶磁器は、600年ぐらい前に始まって、
いまはその村の中に100軒工房があるということです。
その中の一つの工房を見学しました。

流しこんだり、ろくろのようなものを使ったりしてベースをつくります。
d0094101_12241924.jpg
d0094101_12252230.jpg
そこに、若い女の子達が模様を書きます。
d0094101_1228221.jpg
その上に釉薬をかけます。
d0094101_12303765.jpg


そしてそれを石炭の釜で焼きます。


藁につつんで製品をトラックに積み込んでいるところです。
d0094101_1234988.jpg

水牛車にも乗りました
d0094101_12403694.jpg

そして私が買ったのは、大きな急須です。
d0094101_1242777.jpg

これに日本酒を入れようと思って。
前回行ったときは、たしか徳利を買って。。。
# by ma-yu-u | 2007-04-09 12:34

夕焼け

d0094101_12535260.jpg
家の向かい側に建っている細長いビルに隠れていて、
冬の間は見られなかった夕日が、
だんだん起き上がってきて
キッチンの窓から見えるようになりました。
# by ma-yu-u | 2007-04-03 12:55

若者の呪文

d0094101_1433241.jpg

タイトルが、このドローイングのタイトルです。

今まであまり意識して使っていなかった黒を、
チャンパ塔の屋根の中で見た闇に近づけたいな
と思ってます。
# by ma-yu-u | 2007-04-02 14:07

カエルの若者

d0094101_18353623.jpg
今日描いたドローイングです。

今回は、
チャンパの昔話の
『カエルの若者と王様の末娘』というお話をモチーフに
100cm×80cmのを8枚と30cm×25cmを8枚
漆絵で描く予定です。

その前に、紙でドローイングしました。

気候も、漆向きの
湿った蒸し暑い気候になってきたし、
そろそろ本格的に制作を始めます。
# by ma-yu-u | 2007-04-01 18:39

フエの宮廷料理

フエに行ったとき、
ガイドブックに書いてあった、
王族の血を引く由緒ある家柄の一族が経営しているというレストランに
宮廷料理を食べに行きました。
d0094101_1651593.jpg
d0094101_1653068.jpg
d0094101_1654856.jpg

こんな感じでした。

一番上が揚げ春巻、二番目が竜の形のなますと揚げた魚の切り身に
ケチャップをかけたもの、三番目がチャーハンです。
それで、この他にも、揚げワンタン、かたやきそば、
とろみのついた鶏肉のベトナムでよくあるスープ、茹でたエビ一匹
等が出てきました。
そして最後に、デザートにバナナが皮ごと一本。

ということで。
ただのよくある普通のベトナム料理が
鳥の形をしていたり、竜の形になってたり、
亀の形になってるだけでした。

本当のフエ料理は、
今度ハノイのフエ料理屋で食べてみたいと思ってます。
# by ma-yu-u | 2007-03-31 16:22

ホイアンの男の子たち

ホイアンで、夜道を歩いていたら、
二人組の男の子に写真を撮ってくれと言われたので
撮ってあげました。
d0094101_1645929.jpg
ところがその後、
ちゃっかりモデル料を請求されて。。。
一人2000VD(15円)ずつあげました。
# by ma-yu-u | 2007-03-29 16:41

ムイネービーチの女の子

d0094101_13474525.jpg
今回の旅行では、たくさんスケッチをする予定だったのですけど、
どうやら私は建物を描くのが苦手なようで。。。
唯一上手く描けた、ムイネービーチのチャンパ塔の裏の
お寺に住んでいた女の子です。

私が絵を描いているのをずうっと見ていて。
2枚女の子を描いて、一枚をその子にあげてきました。
# by ma-yu-u | 2007-03-27 13:50
長い旅から戻ってきました。

ホーチミンに南下して、
そこから陸路で
ファンティエットのムイネービーチ、ニャチャン、クイニョン、
ホイアン、ダナン、フエまで
オープンツアーバスとタクシーで北上して
フエから飛行機で戻ってきました。

まず最初に、ホーチミンから
オープンツアーバスでファンティエットのムイネービーチへ。
d0094101_17313689.jpg

ここは、完全にリゾートビーチで。
でもそこに、忽然とチャンパ塔が建っています。
d0094101_17344992.jpg


そこからオープンツアーバスでニャチャンへ。
ニャチャンはムイネービーチより
更に大きなリゾートビーチです。
そして、そこにも
大きくてより整備されたチャンパ塔が建っています。
d0094101_1739696.jpg
d0094101_17392328.jpg


そしてまた北上してクイニョンへ。
でも、ここはオープンツアーバスが止まらないので、
タクシーを使いました。
ここには7ケ所もチャンパ塔があります。
まず、銀塔
d0094101_17461975.jpg
ビンラム
d0094101_17465597.jpg
フンタン
d0094101_17473442.jpg
トゥーティエン
d0094101_17483110.jpg
象牙塔
d0094101_1749449.jpg
銅塔
d0094101_17494722.jpg
金塔
d0094101_17501744.jpg


そして、タクシーでホイアンヘ。
d0094101_17535940.jpg
これは、1593年に日本人がつくったと言われている、
屋根付きの橋の入り口です。

ホイアンではミーソン遺跡のツアーに参加しました。
d0094101_1863883.jpg
d0094101_187174.jpg

そしてまたオープンツアーバスでダナンヘ。
ダナンではチャム彫刻博物館で
チャンパの彫刻を見ました。
ここまででチャンパ巡りは終わりです。

そして更に北に向かって
オープンツアーバスに乗ってフエへ。

フエでは、廟と王宮を見ました。
一番豪華絢爛なカイディン廟
d0094101_18193039.jpg
d0094101_1819511.jpg
d0094101_18201191.jpg
d0094101_18202867.jpg
フエの王宮
d0094101_18235232.jpg
d0094101_18241442.jpg

ということです。

でも、なんと言っても、
実際にチャンパ塔の中に入ったときに感じる上に向かってのびる闇が
これから描く絵に対してインスピレーションを与えてくれました。

そして何より、
無事に旅から戻ったことを
チャンパの神様に感謝です。
# by ma-yu-u | 2007-03-24 17:50