<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

中部への旅行

d0094101_18184868.jpg

3月2日から3月23日まで、
ベトナムの中部に旅行に行きます。

まずホーチミンまで飛行機で行って、
その後、海岸沿いのチャンパの遺跡をまわって
ホイアン、ダナン、フエに行って
フエから汽車でハノイまで帰ってきます。

ホイアンに辿り着くまでの海岸沿いは、
たぶんセオムに乗ってチャンパ遺跡をまわるので、
ヘルメットとレインコートを買ってきました。
かなりローカル地域なので
気を張って行ってきます。

そういうことで、
ブログも更新できなくなると思います。

帰ってきたら、いろいろ報告できると思うので
楽しみにしていてください。
by ma-yu-u | 2007-02-23 18:25

ハノイのお正月料理

昨日の夜は、
日本でベトナム語を教えていただいていた先生のお宅に
おじゃましてきました。
d0094101_1150683.jpg
バインチュンと呼ばれる
餅米の中に豆をつぶしたものや豚のバラ肉の入った大きなちまき、
ハムのようなもの、
豚の舌と耳から作られた煮こごり、
なます、
にんにくとネギの間のようなものの酢漬け、
茹でたか蒸したとり肉、
豚の皮のゼラチンの入ったスープ、
などが並びました。
d0094101_11553296.jpg
大きなバインチュンは、このようにして
竹の紐で切り分けます。
その方がおいしく見えるのだそうです。
d0094101_11565493.jpg
先生のお父さんが、自家製薬膳酒を出してきてくれました。
45度もある強いお酒です。
ベトナムでは、強ければ強いほど良いお酒と言われるようです。

とても、楽しいひとときでした。

でも、私の家の冷蔵庫にも
この大きなバインチュンが2つもあって。。。
大家さんとベトナムでベトナム語を教えていただいている先生からとで
2つもいただいて。
食べきれるのでしょうか・・。
by ma-yu-u | 2007-02-20 12:01

ハノイのお正月

ベトナムのこの今年のお正月は
(陰暦なので毎年日にちが変わります)、
大みそかの16日そしてお正月の17日
そのあとの二日間18日19日は
どこもかしこもお休みです。
d0094101_15434677.jpg

ホアンキエム湖の周りは、祠があるせいもあるのでしょうか
結構人が出ていました。
d0094101_1546741.jpg
バクチクは禁止なのですが、そこら中で鳴っていて。
私はこの音が嫌いなので、
なるべく部屋でじっとしていたいと思います。
by ma-yu-u | 2007-02-18 15:56
d0094101_13583761.jpg
昨日の夜12時前に、カウントダウンがあって、
花火が上がりました。
私はアパートの屋上から見ました。
一緒に見てた友達は、屋上の更に上の屋根に登ったのですが、
(私は恐くて登れなかったです)
私の家の付近を中心に四方で花火が上がっていたと言っていました。

お正月の午前中は、出かけたりすると縁起が悪いらしいので、
午後に様子を見に行こうかと思っています。
by ma-yu-u | 2007-02-17 14:04

真夜中の花市場

昨日の夜11時過ぎに、
ベトナム人の大学の友達に誘われて、
真夜中の花市場に行ってきました。
d0094101_16372712.jpg
d0094101_16374994.jpg
ものすごい人で、ごったがえしていました。
d0094101_16403679.jpg
黄色のバラと、白いクジャク草と、
小さい花のデルフィニウムと、白いフリージアです。

私は以前、1年ちょっと花屋でバイトしていたことがあります。
ついつい買い過ぎてしまいました。
by ma-yu-u | 2007-02-16 16:39

ハノイの師走

d0094101_20244717.jpg
ベトナムでは、今年は、明日2月16日が大みそかで
明後日2月17日がテトと呼ばれるお正月です。
d0094101_20344667.jpg
金柑のような実が
たわわに実った鉢をあちこちで見かけます。
d0094101_20351354.jpg
桃(?)の花のついた枝を担いでいる人たちも
たくさんいます。


明日の大みそかは、夜に花火が上がるということです。
私は、日本人の友達とアパートの屋上で見る予定です。
by ma-yu-u | 2007-02-15 20:31

エビフライ

今日は、なんと
生きたブラックタイガーでエビフライを作ってみました。
d0094101_2115413.jpg
泳いでいます。
d0094101_2122119.jpg
頭をとって、殻をむいて、パン粉をつけて油で揚げました。
d0094101_2133897.jpg
完成!
タルタルソースも自分で作りました。
やっぱり、すっごくおいしいです。
日本では食べられませんね。
by ma-yu-u | 2007-02-11 21:04

botticelli の模写

漆工房の実習と平行して行っていたbotticelliの模写が
やっと終わりました。
約3ヶ月かかりました。
d0094101_10342716.jpg
まず下絵を、
チタニウムホワイトを塗った紙を使って写します。
この下絵は、以前テンペラの古典技法の実習でつくったものです。
d0094101_10351011.jpg
d0094101_1035568.jpg
人物の部分の線を、
茶色のなやしくろめをして松脂を入れた漆でなぞります。
その上に、銀の粉末をふりかけます。
日本の蒔絵と同じ技法です。
d0094101_10364971.jpg
花の部分の下地を、彫刻刀で削って
そこに卵の殻の粉末をはりつけます。
d0094101_10373329.jpg
背景のレリーフ状の部分を、朱漆でなぞりました。
d0094101_1041452.jpg
人物の部分を緑色の漆で塗りつぶしました。
これは、テンペラの技法と同じやり方です。
d0094101_1048472.jpg
緑色の漆は、乾くととても暗い色に変わってしまうので、全体に銀の粉末をかけました。
d0094101_10494888.jpg
なやしくろめをして松脂を入れた漆で、描きおこしていきます。
d0094101_10521823.jpg
d0094101_10524256.jpg
人物の部分の彩色が終わりました。
d0094101_10542764.jpg
d0094101_10544281.jpg
背景に金の箔を貼りました。
d0094101_10553525.jpg
レリーフの部分を軽く研ぎます。
d0094101_1056154.jpg
そして、完成です。

漆は、描いた時と乾いた時で色がすごく変わるので、
ものすごく悪戦苦闘しました。
でも、アールデコ期のJean Dunandの肖像画を知っていたので、
できないはずはないと思ってなんとかやってみました。

2月のテトが終わったら、旅行に行ってスケッチをして
この次は本格的に11月のハノイでの展覧会に向けて
自分の作品をつくる予定です。
by ma-yu-u | 2007-02-08 10:37

でんでんむし売り

He was selling the white mouses and the snails.
d0094101_10462580.jpg
一昨日、小学校の前で、
白い二十日ねずみとでんでんむしを売っている子に出会いました。
日本のでんでんむしとちょっと違うタイプの、
大きなタニシのような形の貝を背負っていました。

ベトナムでは、日本のようにだれでも学校に行けるわけではありません。
でも最近私は、それでも彼等は日本人よりも
もっとちゃんと生活を楽しんでいるように感じています。
by ma-yu-u | 2007-02-07 10:46

d0094101_1781977.jpg
d0094101_17102878.jpg
先日ついに、天秤で売ってる女の子の屋台で、
ベトナム名物の孵化寸前のアヒルの茹で卵を食べました。
d0094101_1712465.jpg
特別くせもなく、
茹で卵に、ちょっと歯ごたえがあるかなという感じでした。

鶏肉と卵を組み合わせた料理と同じということだと思います。
とてもおいしかったです。
by ma-yu-u | 2007-02-02 17:10