富嶽三十六景


北斎の浮世絵の模写を、2枚描いています。
1枚は、藤とセキレイの絵で、もう1枚は富嶽三十六景です。

今回は、富嶽三十六景の方のベースです。

チタニウムホワイトを目一杯に混ぜた漆を塗った後、
チタニウムホワイトと銀の粉末を振りかけます。
d0094101_20103386.jpg

余分な粉末を、払い落とします。
d0094101_20204087.jpg

この後、恐らくもう何度かこの工程を繰り返して、
漆の層の厚みをつくってから研ぐ工程に入ります。
by ma-yu-u | 2007-05-23 20:17