ドンホー版画の模写1

漆絵実習の最初の課題は、400年の歴史があるという、ハノイ郊外で制作されている「ドンホー版画」の模写を行うことになりました。
d0094101_9461147.jpg
10枚ほどのドンホー版画のセットの中から、気に入った2枚を選びます。
d0094101_9482256.jpg
コピー用紙にチタニウムホワイトの顔料を手で擦りつけて、ドンホー版画と支持体の間に挟みます。
d0094101_9505577.jpg
d0094101_9511620.jpg
そして、なんと、ドンホー版画の上から直にボールペンでなぞって転写します。400年の歴史のあるドンホー版画を、そんな風に扱っていいのか・・。ベトナムの人々は、本当におおらかです。
d0094101_958924.jpg
d0094101_1032879.jpg
そしてこのように、黒い支持体の上に白い図が転写されます。
d0094101_1043484.jpg
d0094101_1044449.jpg
転写された図の中で、卵の殻を貼付けたい部分を決めて、そこの部分の支持体を卵の殻の厚みだけ彫刻刀で削ります。
d0094101_1010167.jpg
d0094101_10102821.jpg
削られた支持体の部分に son canh gian (ゴキブリの羽の色の漆※木地呂漆)を塗ります。
d0094101_10162092.jpg
その部分に、彫刻刀の先に少し漆をつけたものを使って、卵の殻を貼付けていきます。
d0094101_10175754.jpg
d0094101_1018969.jpg
貼付け終わったら、金槌で軽くたたいて、卵の殻を潰します。
d0094101_10205933.jpg
d0094101_10214012.jpg
d0094101_10215210.jpg
卵の殻が貼付け終わったら、白く転写された図の線を、黒漆でなぞります。
d0094101_10233239.jpg
d0094101_10234379.jpg
先週の作業はここまでです。

実習が始まったら、とたんに忙しくなってしまって、遊びに行く暇が全くなくなってしまいました。このあとしばらくは、実習の報告が続くと思います。でもたまには、ベトナムの珍しい食べ物なども載せられるように、少しはぶらぶらしてみます。
by ma-yu-u | 2006-10-15 09:54